■美和ロック,MIWA プッシュプル錠 PPL 住宅玄関扉 プッシュプル錠
メーカー 美和ロック,MIWA
形状 プッシュプル錠
型番 PPL
用途 住宅玄関扉 プッシュプル錠
更新日 更新日2013/07/13

※メーカー、形状、型番、用途のリンクは、各関連製品一覧を表示します。
※各画像は、クリックすると拡大表示します。

美和ロック,MIWA PPL プッシュプル錠

大臣認定の防火戸にはラッチ付の錠が最適です。

1. 大臣認定の防火戸とは
防火区画に開口部を設ける場合には、特定防火設備(旧甲種防火戸)の使用が義務付けられています。特定防火設備は建設省告示第1369号に定める構造方法を用いる防火戸の他に仕様ごとに個別に試験し国土交通大臣の認定を受けたもの(大臣認定)が使用できるようになっています。

2. 大臣認定の認定試験について
(1) 建設省告示第1125号(甲種防火戸の試験方法)が廃止され、ISOの国際規格に準拠した試験方法になりました。試験は耐火標準加熱曲線に沿って加熱され、1時間当該加熱面以外の面に火炎を出さないことが求められます。

(2) 試験は通常、戸を閉めデットボルトを掛けない状態で行われます。従って現状ではラッチのないものは火炎の内圧で戸が開いて危険なため、ラッチを掛けた状態で試験を行うことが望ましいと言えます。

3. ホテル等の宴会場や会議場の扉
ホテルなどの施設で宴会場や会議場などに大臣認定の防火戸を使用するケースが増えています。使用する錠前は一般のラッチ付きのケースロックであれば全く問題ありません。しかし、デザイン性の高いグリップハンドルを使用する場合はラッチ付きのプッシュプル錠であることが必要となります。また両開き扉の場合は、自動フラッシュボルトや閉鎖順位調整器の取付けも義務付けられました。

4. 美和ロックの防火戸関連製品
(1) プッシュプル錠PPLシリーズ P438〜P440
ホテルの宴会場や会議室、框ドアなどにご使用いただけるラッチ付きのプッシュプルタイプのグリップハンドル錠です。このプッシュプル錠は株式会社ユニオン様との共同開発の製品です。

(2) 自動フラッシュボルトAFB02型 P490
両開き扉の子扉に取付けます。
自動フランス落しとも呼ばれており、親扉を開扉すると子扉が開扉可能な状態になります。また親扉を閉めると子扉も自動的に上下がロックされます。

一覧に戻る

▲ Page Top