■美和ロック,MIWA 操作盤 ・ 制御盤 BAN-BS1 電気錠システム
メーカー 美和ロック,MIWA
形状 操作盤 ・ 制御盤
型番 BAN-BS1
用途 電気錠システム
更新日 更新日2012/07/21

※メーカー、形状、型番、用途のリンクは、各関連製品一覧を表示します。
※各画像は、クリックすると拡大表示します。

美和ロックMIWA BAN-BS1シリーズ

写真はBAN-BS1型 と SSP-G1D型 と SSP-G1E型です。

操作表示器を2芯で接続、電気錠種を記憶、異常状態を盤面に表示できる高機能型操作盤です。


■美和ロック製の電気錠、電気ストライク、電磁ロックを遠隔所から操作します。電気錠、電気ストライク、電磁ロックには対応する2線変換アダプタ(使用する電気錠を自動的に判別。ただしASZを除く)が必要です。アダプタを付けた電気錠とBAN−BS1の間の配線数は2芯のみです。


■操作ボタンで電気錠(電気ストライク、電磁ロック)を操作し、表示ランプで施解錠および扉の開閉の状態が確認できます。


■電気錠の制御はA、B、Eの各モードの中からお選びいただけます。


■操作表示器SSP ーGシリーズを最大3台まで接続できます。操作表示器とBAN ーBS1の間の配線は2芯のみです。SSP ーGシリーズはBAN ーBS1専用の操作表示器です。BAN ーAシリーズでは使用できません。


■インターホンやタイマー、火災報知設備等の外部入力(無電圧接点)により、電気錠を制御できます。


■JEM ーA端子を備えていますので、HAシステムとの接続が容易にできます。


■電気錠に異常(こじ開け等)が発生した場合は、その内容を盤面の表示ランプで知らせます。無電圧接点の警報出力を出す場合はオプション基板のBAN ーB・ROを追加してください。


■自動判別した電気錠の種類をメモリに記録します。その内容は電源を落としても消えません。


■オプション基板を接続することにより、施解錠の状態および扉の開閉状態の信号を外部へ出力することができます。

オプション基板

BAN−B・RO:施解錠信号、扉の開閉信号および警報信号を任意で3系統まで無電圧接点出力します。

BAN−B・485:安心門番シリーズ統合版ソフト(SFAC ーU01)で管理する場合、必要になる基板です。(注3)

BAN−B・BAT:停電補償機能を追加する為の基板とバッテリーのセットです。停電補償時間:30分間
バッテリーは消耗品ですので5年を目途に交換してください。


(注1)本製品は屋内仕様なので雨水等の水滴がかからない場所でご使用ください。

(注2)2線変換アダプタAD211型は製品に同梱されています。

・電気ストライクASZ型接続時のみ、2線変換アダプタAD203型を別途ご発注ください。

・自動扉を制御する場合は自動扉出力アダプタAD219型を別途ご発注いただき、AD211型と組み合わせてご使用ください。その場合、火報信号は直接自動扉へ接続してください。

(注4)BAN ーBS1はバージョン2.00以降をご使用ください。

一覧に戻る

▲ Page Top