■GOAL,ゴール テンキー 2WS-TK100J マンション・オフィスビル エントランス
メーカー GOAL,ゴール
形状 テンキー
型番 2WS-TK100J
用途 マンション・オフィスビル エントランス
更新日 2013/08/29

※メーカー、形状、型番、用途のリンクは、各関連製品一覧を表示します。
※各画像は、クリックすると拡大表示します。

GOAL
2線式ローリングテンキーシステム
2WS-TK100J(CP製品)、2WS-TK100

■2WS-TK100JはCP製品です。電気錠は必ずCP製品の電気錠(2線式電気錠)を使用してください。
■2WS-TK100の場合は各種電気錠を使用できますが、必ず2線式アダプターを使用してください。
■テンキーの表示は、その都度変化する“ローリング方式”を採用。防犯性は更にアップ。

■2線式なので配線工事は極めて簡単。

■暗証番号の種類は100兆通りと莫大。また、5種類の暗証番号の登録が可能です。

■扉のこじ開け等の異常時には警告音で報知することも可能。
扉をこじ開けたり、一定時間扉を開放していると警報ブザーがなります。

■自動施錠機能付。(モード設定による)
解錠後、扉を開閉すると自動的に施錠します。また、解錠後に扉を開けなかった場合は、一定時間(1?1800秒までの設定が可能)経過すると自動的に施錠します。施解錠ボタン・外部入力による電気的な解錠時には自動施錠し、キー・サムターンによる手動解錠時には自動施錠を行わないモード設定が可能です。

■停電時は強制的に解錠を行う機能付。(モード設定による)
(モーター錠と瞬時通電施解錠型の専用機能です。)

■施解錠動作を2回まで繰り返すリトライ機能を搭載。
(モーター錠の場合のモード設定による)
万一、施解錠動作を失敗したときは2回まで動作を繰り返します。

■電気錠の機能により、施錠動作中に扉が開いた場合、再度解錠する出戻り機能を搭載。(モーター錠の場合のモード設定による)

■暗証番号入力ミスによるいたずら防止機能付。
暗証番号の入力を4回連続で失敗すると30秒間使用不可能となり、いたずらに操作されることを防止します。

■2台の電気錠を使用したツーロックにも対応可能。
※2台接続可能な電気錠はモーター錠に限られます。

■オートドアの制御も可能。

■制御器には、電気錠の施解錠状態や扉の開閉状態が表示されます。
一覧に戻る

▲ Page Top