■日本ロックサービス 防犯グッズ DS-TH-1 防犯サムターン
メーカー 日本ロックサービス
形状 防犯グッズ
型番 DS-TH-1
用途 防犯サムターン
更新日 2013/10/13
JANコード 4936053989206

※メーカー、形状、型番、用途のリンクは、各関連製品一覧を表示します。
※各画像は、クリックすると拡大表示します。

日本ロックサービス
サムターンカバー DS-TH-1

特徴

  • 「サムターン回し」解錠とはドリルなどでドアに穴を空けたり、ドアと枠のすき間から専用工具を差し込みサムターン(室内側のツマミ)を回して侵入する破壊を伴う犯罪手口です。
  • 新たな手口が続出していますので、出来る限りの対策を行って下さい。
  • サムターンをカバーで覆い、解錠工具による不正操作を阻止します。
  • 犯行によるドアのキズ(穴)は補修費がかなりかかってしまいます。防犯ステッカーを併用することで、犯行を未然に防ぎます。

お求め、ご使用前にご確認下さい。

カンヌキのでる所の刻印を確認

扉を開けて、カンヌキが出る部分の錠前本体のプレートの刻印をお確かめ下さい。

刻印の種類

サムターンカバーはMIWA社製のBHまたはLDもしくはLA・MAと刻印のあるタイプに装着することが出来ます。

ご注意下さい

強風の時など、ドアの不安定となる状況での作業は大変危険です。絶対におやめ下さい。 
本品は樹脂製品です。無理な取付は本品を破損させる恐れがあります。 
本品は何らかの方法で直接手を入れてサムターンを回す侵入手口には対応していません。 
本品は防犯向上を意図した商品ですが、防犯はお客様のご注意、ご配慮に代わるものはございません。万一の事故・破損・犯罪・トラブル等が発生いたしましても当社は一切の補償、弁償は行いません。ご理解いただきますようお願い致します。

取り付け方

サムターン付近の掃除

きれいな布などで、サムターン(ツマミ)周辺の汚れや油分を拭き取って下さい。

サムターンカバーの粘着テープを剥がす

「サムターンカバー」の本体裏面の粘着テープの保護紙をはがします。

サムターンのリングを引っ張る

サムターンのリングを引っ張ります。

引っ張った状態のままカバーをはめる

リングを引っ張った状態のまま、粘着部分に注意しながら「サムターンカバー」を差し込みます。

両面テープがシッカリ付くように押す

本体裏面の両面テープが、しっかり付くように押して下さい。

扉にステッカーを貼るとより効果的

室外側に防犯ステッカーを貼り完成です。

一覧に戻る

▲ Page Top