■日本ロックサービス 防犯グッズ DS-SK-1U
メーカー 日本ロックサービス
形状 防犯グッズ
型番 DS-SK-1U
用途
更新日 2013/10/19
JANコード 4936053621113

※メーカー、形状、型番、用途のリンクは、各関連製品一覧を表示します。
※各画像は、クリックすると拡大表示します。

日本ロックサービス
ハイセキュリティーショーケースロック DS-SK-1U

特徴

・ディンプルキー採用の本格的ショーケース用ロック
・約8000種のカギ違いは、他社製品の12種類程度と比較になりません。
・強力両面テープで圧着して取り付けるので、簡単に設置でき、ガラス面も傷めません。
・合い鍵が作成しにくく、店員の不必要な所持や複製の氾濫を防止でき、カギ管理にも便利です。
・店内の全てのショーケースロックを1本のキーで開閉できる同一キーのご用意も出来ます。(店頭にてご指定下さい。要納期)

■お求め、ご使用前にご確認下さい

ガラスの重なりは80ミリ以内であること

ガラスの重なりが80mm以内であることを確認して下さい。

すれ違うスキマは5ミリ以上であること

すれ違うガラスの合わさりスキマが5mm以上であることを確認して下さい。

合わさりスキマと、手前のガラスの暑さの合計が13ミリ以内であること

合わさりスキマと手前のガラスの厚さの合計が13mm以内であることを確認して下さい。

■使用例

上下に取り付けると効果的

最近では窃盗団をはじめピッキングの横行で知らない間に商品を盗まれています。 
ガラス戸の下側だけでなく、上下各1つずつ装着するとより効果的です。

同一キーも可能

店内の「ショーケースロック」を1つのカギで開閉することができる「同一キー」も可能です。 
複数のカギを管理する必要がありません。店頭にてご指定下さい。

■取り付け方

取り付け面の掃除

取り付け面のゴミ・さび・汚れ等をふき取って下さい。

両面テープのはく離紙を剥がし、レールに貼り付ける

両面テープのはく離を片面だけはがし、ショーケースロックのレール裏面に接着します。

レールを設置し、すれ違えるか確認

ショーケースの取り付け面にレールを合わせ、ガラス戸が引き違い出来るかどうか確認します。


可能であれば手前のガラスを外す

可能であれば、手前側のガラス戸を外して作業して下さい。


はく離紙を剥がし、ゴムの付いている部分をシッカリガラス戸にあて貼り付ける

はく離紙をはがし、ゴムの付いている部分をしっかりガラス戸の際に当てて丁寧に貼り付けます。

取り付け完成

錠本体を取り付け完成です。 
上下に取り付けるとより安全です。


■使用方法

キーを差し込む

錠本体にキーを差し込みます。

レールにスライド

レールにスライドさせます。

キーを抜いて施錠完了

キーを抜いて、施錠完了です。

錠本体にキーを差し込む

錠本体にキーを差し込みます。

キーを右に廻しながらレールから錠本体を外す

キーを右に回しながら、錠本体をレールから引き抜き、開錠します。

一覧に戻る

▲ Page Top