■日本ロックサービス キーボックス DS-KB-1 キー管理
メーカー 日本ロックサービス
形状 キーボックス
型番 DS-KB-1
用途 キー管理
更新日 2013/10/19
JANコード 4936053500012

※メーカー、形状、型番、用途のリンクは、各関連製品一覧を表示します。
※各画像は、クリックすると拡大表示します。

日本ロックサービス
鍵の預かり箱 DS-KB-1

特徴

  • キーなどの小物を収納できるキーボックスです。
  • 着脱式のシャックルで取り付けに便利です。
  • 専用アダプターでレバーハンドルへも取り付けできます。
  • 施解錠はダイヤル式で暗証番号は任意の番号に設定できます。
  • ダイヤルが「0」の位置でカチッと止まるので、夜間でもダイヤルを合わせやすい設計です。
  • シャックルがはずせるので、ドアに傷を付けにくい設定です。

ノブタイプへの取り付けはもちろん出来ますし、レバータイプへも付属の専用アダプターを使用すれば取り付け可能です!!


シャックルの内径はH56×W38mmです。 
またアダプター使用時の内径はH25×W29mmになります。
W67×H37×D15mmまでの大きさのものを収納できます。
本体のダイヤルを暗証番号に合わせます。
シャックルを引っ張り、はずします。
シャックルをドアノブ、レバーに引っかけ、本体を装着します。
左の写真のように製品がレバーから外れてしまう場合には付属の専用アダプターを使用して下さい。
アダプター使用時の内径はH25×W29mmですが、アダプターを使用しても外れてしまう場合があります。
ダイヤルをランダムにずらし、施錠完了です。
本体裏側にあるレバーを右方向に押しながら上に押し上げて下さい。 
(出荷時は0-0-0-0になっています。)
設定したい番号にダイヤルをセットしてください。 
※変更した番号は携帯電話に登録したり、メモを取るなどして絶対に忘れないでください。

レバーを元の位置に戻して、暗証番号の設定は完了です。

※ 自然現象、勝手にナンバーが変わることはありえません。

何らかの不測の力が加わり、可変状態となったり、失念してしまうことがあります。

取り扱いには十分注意頂き、使用者の方に周知して頂くことをお願いしま す。

ご自身の管理責任でお願いします。開錠不可のお問い合わせはご容赦下さい。

本体のダイヤルを暗証番号に合わせます。
収納ボックスのフタを開き、保管物を取り出し、収納を行います。
本体を強く引くとシャックルが外れてしまいますので、ご注意下さい。
ダイヤルをランダムにずらし、施錠完了です。


  • 賃貸住宅、事務所などのキーの保管、受け渡しに。
  • 不動産業、住宅展示場などの物件管理に。

一覧に戻る

▲ Page Top